葬儀をお考えの方に

葬儀までの流れ
ご危篤 医師から危篤を告げられたら、親類縁者(一般には3親等まで)に連絡をとりましょう。万一に備え預金の引き出しや遺言の確認なども必要になります
矢印
ご臨終 病院で臨終を迎えた場合、医師による死亡判定を受けて、電話で臨終を連絡します。末期の水(まつごのみず)などは 病院が用意してくれるので指示に従います。看護師が遺体の処置をした後、お着替えがありますので新しい衣類を用意しておきましょう。
矢印
ご家族の話し合い 故人の遺志をベースに葬儀(宗教形式、規模、費用)について話し合いましょう。菩提寺があれば菩提寺に式場、火葬場、しきたり等について決まりがあるか聞き、本人の希望があれば本人の希望を参考に喪主、予算、希望式場、会葬予定者数、親戚縁者の数を決めておくと、葬祭関係者との話し合いがうまくいきやすくなります。
矢印
葬祭関係者と打ち合わせ 葬祭社に葬祭形式、規模、費用、希望の日程、おおよその会葬人数を伝え、詳細について話し合いましょう。葬儀社から葬儀の依頼内容確認書と見積書を受け取り内容を確認します。
矢印 すべてに納得した上で納得の葬儀社に死亡届や火葬許可申請、僧侶との葬儀の進め方や戒名などについて打ち合わせをします。 必要があれば、身内近所や会社関係者にお手伝いを依頼しましょう。
納棺 死装束に着替えさせ、死に化粧を施します。遺体を愛用品とともに棺に納め、棺を祭壇の前に安置し焼香します。
 後日、市役所で死亡届(死亡診断書の半片)の提出と火葬許可証の受領をし、通夜・葬儀への参列者に連絡をし、弔辞のお願いをします。

このページのトップへ